So-net無料ブログ作成
検索選択

岩宿での子供向けの話 「人間ってなんだ―考古学は考える」 [講演会]

今年は岩宿文化賞(本賞)は見送りということだが、子供たちの研究の表彰は行う。

そこで八ケ岳が講演を頼まれ、子供向けの話と、子供たちとのディスカッションをする。
考古学は、人間をどうとらえてきたか、について話す予定だ。

主なテーマは「死」。
子供に死の話など線香臭いと敬遠されそうだが、日本は圧倒的に「死」の教育が不足している。命を薄っぺらく扱う今こそ「デス・エデュケイション」が必要だとおもうからだ。

考えてみると私も、旧石器時代以外のすべての墓を掘ってきた。
そこから人間の死がどう見えてくるのか。

◆概要
演題「人間ってなんだ―考古学は考える」
演者 堤 隆 (明治大学黒耀石研究センター)
日時 11月5日(土)午前10時から12時
会場 笠懸公民館 1階 交流ホール

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0