So-net無料ブログ作成

人類史を覆す太古の暗号に秘められたミステリー 【世界ふしぎ発見!】

世界ふしぎ発見!では、クロマニョン人の洞窟壁画の謎について放映されます。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_4.html

古代人の暗号解読!?
人類史を覆す
太古の暗号に秘められたミステリー

2017年1月21日 夜9時~

私たちの祖先にあたる現生人類 クロマニョン人の実像が、最新の調査によって、次々に明らかになっています。中でも謎を解く鍵を握るのが、洞窟に描かれた動物画などの壁画。今回、番組では洞窟壁画を研究する新進気鋭の古人類学者ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガーさんに密着。彼女が注目したのは、美しい動物画ではなく、これまで見過ごされてきた不思議な図形。ヨーロッパ中の洞窟の図形を調査し、人類史の常識を覆す衝撃的な仮説を発表。今、世界の注目を集めています。ジェネビーブさんは、どんな発見をしたのでしょうか?彼女を取材したミステリーハンターの坂本三佳さんにお話を伺いました。
.

数万年前に、人類が洞窟に描いた壁画には
人類史を覆す驚くべき事実が秘められていた!?

これまで「世界ふしぎ発見!」では、さまざまな遺跡や歴史的建造物などを取材してきましたが、今回は年代のケタが違いました。数千年でも遥か昔ですが、今回番組でご紹介するのは数万年前の人類の痕跡です。ですから最初は人の生活も景色も、動物の皮の服を着てマンモスを追いかけているような漫画の世界でしかイメージできませんでした(笑)。ですがスペインとフランスでいくつかの洞窟壁画を実際に見て、またジェネビーブさんの研究内容を教えて頂くうちに、旧石器時代の人たちは現代人と同じような人、と感じるようになりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0