So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄サキタリ洞へ [遺跡]

DSC01388.JPG

10月20日、沖縄県博の山崎真治さん藤田祐樹さんにご案内いただき沖縄県サキタリ洞を訪ねた。

サキタリ洞は、港川から1.5kmほど上流にある観光地ガンガラーの谷の一部にあり、現在はケイブカフェとしてにぎわいをみせている。面積620㎡、高さ7mで私が思っていた以上に大きな洞窟だった。

いくつかの文化層があり、旧石器時代にさかのぼる使用痕のある扇形の貝器や貝製のビーズが発見されている。石英の剥片も確認されているが、これはこの地点から30km以上離れないと入手できないという非在地石材であり、明らかに人の手で持ち込まれたということである。山崎さんによると、沖縄に住んだ旧石器人は、九州や本州の狩猟を生業とする適応とは異なる採集戦略をもって、島に生きたらしい。

また、9000年前の地層のさらに下位からは、埋葬されたとみられる人骨1体が良好な状態で発見されており、今後その年代的位置づけが注目されるところである(山崎さんのコラム参照)。
http://museums.pref.okinawa.jp/museum/column/column097/index.html

港川に落とされた点が、サキタリ洞へと結ばれ、沖縄に生きた旧石器人の姿が浮かび上がってくることが楽しみなところである。ケイブカフェは、楽しい場所でもあるので、発掘中に限らずガイドツアーなどを利用して多くの方に訪れてほしい。

当地のヤキトリ [思考漂流]

私の住んでいる佐久市岩村田周辺では
「ヤキトリ」といえば鶏肉のみでなく豚なども含んで、すべて串ザシの肉焼きを総称する。

そういうものだと思っていたが、ほとんどの場合、ヤキトリといえば鶏肉を焼いたものに限定することを知った。(だいぶ前の話ですが)
東京新橋では、「ヤキトン屋」なるものがたくさんあった。

ヤキトリを食べていて、ふと思ったどうでもいい話だ。

沖縄サキタリ洞遺跡の発掘調査に行ってきます。 [遺跡]

明日19日-21日まで沖縄県立博物館美術館が発掘調査を実施している南城市サキタリ洞遺跡の発掘調査に行ってまいります。
今年度は、どんな成果が出ているんでしょう。

http://tsutsumi.blog.so-net.ne.jp/2015-09-04

「しんまい火山の学校」 [お知らせ]

第13回信毎こどもスクール「しんまい火山の学校」

■ 八ケ岳も岩石標本を作ります。

 火山はどうして噴火するんだろう?第13回信毎こどもスクール「しんまい火山の学校」を10月25日、浅間山のふもとの北佐久郡御代田町で開きます。火山の知識や噴火の仕組みなどを専門の先生たちのお話や体験教室で学びます。

 ◇日時 10月25日(日)午後1時~4時半
 ◇会場 エコールみよた(北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1)
 ◇対象 小学生(定員100人程度、先着順)  ※高学年向けの内容です
 ◇参加費 無料
 ◇第1部 「火山のお話」
   先生 東京大学名誉教授(火山学) 荒牧重雄さん
 ◇第2部 体験教室  2つを入れ替わりして全員が体験します
  ☆「キッチン火山実験」
   身近にある食材や材料で噴火現象を再現してみます
   先生:秋田大学教授(火山学) 林信太郎さん
  ☆「岩石標本を作ろう」
   浅間山の石で標本を作ります。持ち帰れます
   先生:御代田町・浅間縄文ミュージアム主任学芸員 堤隆さん

参加希望者は、郵便番号、住所、参加する小学生と保護者の氏名、学年・年齢、電話番号を明記して、はがき(〒380―8546 長野市南県町657)か、ファクス(026・236・3193)、メールe-chiiki@shinmai.co.jpで、信濃毎日新聞社読者センター「信毎こどもスクール」係へ。申し込み順に聴講券を送ります。問い合わせは読者センター([電話]026・236・3110)。

主催:信濃毎日新聞社/共催:一般社団法人長野県新聞販売従業員共済厚生会/後援:御代田町、御代田町教育委員会、軽井沢町、軽井沢町教育委員会

岩宿フォーラム『石器製作技術―製作実験と考古学―』 [研究会]

岩宿フォーラムは、日本の旧石器時代研究の出発点である『岩宿』で毎年開催される、岩宿時代を取り上げた学術的な行事です。研究者と一般の方々を交えて、誰もが集い、語らうことによって、この地から岩宿時代研究の情報を発信することを目的として開かれます。
 今回のシンポジウムは、石器製作技術を取り上げ、石器製作の実演と石器製作実験と考古学研究について研究討論します。ご興味のある方は、是非参加いただき、熱く語り合いましょう。

1.開催について
シンポジウム『石器製作技術―製作実験と考古学―』
  主催:みどり市教育委員会・岩宿フォーラム実行委員会   主管:岩宿博物館
日時:平成27年10月31日(土) 午後1時30分から午後5時まで
平成27年11月 1日(日) 午前9時から午後3時まで
会場:ふれあい学習館(岩宿博物館の第1駐車場隣接地)
*本年度の岩宿文化賞授賞式(学生部門)は、11月8日(日)に開催されます。
 会場は、みどり市笠懸町公民館を予定しております。

2.概要
10月31日(土) 午後1時30分から午後5時まで    【会場:ふれあい学習館】
基調講演 『石器の復元製作と考古学』
講師:大沼 克彦 氏(国士舘大学イラク古代文化研究所)
石器製作実演 (各ブースに分かれて同時並行で行います)
・石刃技法(大場正善氏)
・石刃技法(沢田敦氏)
・大形両面加工石器・石刃技法(長井謙治氏)
・瀬戸内技法(白井雅明氏) ほか

11月1日(日)午前9時から午後3時まで       【会場:ふれあい学習館】
 基調報告1 石器製作技術を解明する
  ハンマーモード推定法に関する実験的研究  鈴木美保氏(明治大学校地内遺跡調査団)
フラクチャーウィングについて       高倉 純氏(北海道大学埋蔵文化財調査室)
石器製作時に残された痕跡         沢田 敦氏(新潟県埋蔵文化財調査事業団)
基調報告2 石器製作実験と動作連鎖
  動作連鎖の概念に基づく技術学における石器製作技術の復原
       大場正善氏(山形県埋蔵文化財センター)
  動作連鎖の研究方法            會田容弘氏(郡山女子大学)
 基調報告3 
  実験考古学の可能性            長井謙治氏(東北芸術工科大学)
パネルディスカッション
パネリストは基調報告者を予定。会場の皆様にも討論にご参加いただく予定です。

3.参加費・予稿集代金
  参加費:無料 予稿集は有料頒布(予価700円)

4.申込・問合せ連絡先
 住所・氏名・連絡先(所属)および参加希望日程を別紙に記入の上、10月末日までに事務局
(岩宿博物館)に、郵送、FAXまたはEメールでお申し込みください。

岩宿博物館 
〒379-2311 群馬県みどり市笠懸町阿左美1790-1
電話 0277-76-1701 FAX 0277-76-1703
emal(博物館): iwajukuhaku@city.midori.gunma.jp
http://www.city.midori.gunma.jp/iwajuku/index.html