So-net無料ブログ作成

故下村修さんの石器 伊那市創造館で展示に! [石器]

下村修石器 - コピー.JPG

同志社大学で旧石器を学び、20歳の若さで急逝された下村修さんが、駒ヶ根市小鍛冶原遺跡で採集された石器(両面調整体7点、石刃1点)が、田中清文さん所蔵の1点の両面調整体石器とともに伊那市創造館に寄託になった。
神子柴期のもので、重文の神子柴遺跡と同じ展示室で展示されるという。下村さんも遠い空から喜ばれているに違いない。

日本列島への人類最古の大航海に挑む科学的プロジェクトに熱いご支援を! [研究]

アイコン.jpg

日本列島に現生人類はどのようにやってきたか?
この重要かつ根源的な疑問を解明する科学的プロジェクトが進行中!
実現までのご支援(クラウドファンディング)の期限【4/12】が目前になりました。
この壮大な計画を進めているのは、国立科学博物館の海部陽介さんらのチームです。
ぜひ皆様、熱いご支援をお願いいたします!

八ヶ岳旧石器研究グループ 堤  隆

■ プロジェクトの概要
祖先たちの大航海を再現する夢のプロジェクトの支援者(フォロワー)を募集しています(4月12日締切り)。

3万年前頃の琉球列島に存在したと考えられる、祖先たちの大航海。大陸から海へ乗り出し、無人の小さな島々へと移り住んだ彼らは、果たしてどのような技術と心を持っていたのでしょうか? 様々な分野の研究と壮大な航海実験を組み合わせ、過去の事実について、遺跡調査だけではわからないことも知ろうとするのが、「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」です。2年計画のプロジェクトの詳細については、ウェブサイトとその中の動画をご覧頂ければ幸いです:
https://readyfor.jp/projects/koukai

このプロジェクトの資金は、インターネットを利用したクラウドファンディングで募集しています。3月22日現在、394名の方々から、総額1277万円のご支援を表明頂きました。残りの20日間でさらに723万円以上のご支援を頂き、目標額の2000万円を達成すれば、晴れてプロジェクトをスタートできます。そうなったら何が起こるのか、主催者の想いを綴らせてください。

1)日本発の新知見を発信
日本列島周辺では対馬海峡、伊豆諸島に加えて今回の琉球列島と、少なくとも3箇所で3万年前クラスの渡海があったことが明らかです。本プロジェクトは、この重要な事実を世界にアピールし、人類の海洋進出史について新知見を提供できます。旧石器時代をターゲットにしたこれだけ組織的な実験航海プロジェクトは、世界でも初めてです。

2)研究することの楽しさや意義を共有
支援者の皆さまには、プロジェクトの進捗状況をメールニュース等で発信します。つまり皆さまにはプロジェクトの「フォロワー」として、私たちが進める太古の大航海の謎解きにご参加頂きたいのです。琉球の大航海の謎はあまりに面白いので、研究者だけでなく、もっと多くの皆さまと、その楽しさを共有できることが私たちの願いです。

3)広がりのあるプロジェクト
支援者から寄せられた応援コメントで最も多いのが、「夢があってワクワクする」というもの。これは私たちの期待通りですが、支援者の中で女性が一定数を占めており、お子さんのファンもいるのは期待以上でした。海への挑戦という祖先たちのチャレンジがあり、そのおかげで今の私たちがここにいるという事実は、きっと多くの方々にインパクトを与えるでしょう。このように過去を知ることの意味、そしてもっと探ることの意義を、これまでよりも広い範囲の方々に知って頂く機会になると信じています。

4)その他
学術的には南方旧石器文化の研究の活性化、一般的には挑戦することの大切さ・新技術を生むことの意義、社会的には台湾との交流・離島の活性化など、様々な波及効果を生む可能性があるのが、3万年前の航海徹底再現プロジェクトです。

皆さまへのお願い:
私たちは2000万円の目標達成もさることながら、約1000名の支援者が現われて、この新たな試みが世間から支持されることを期待しております。この試みが成功すれば世間から「支持された」という実績となり、さらに別の面白いプロジェクトが生まれるかもしれません。

◆研究者の皆さま、ぜひ支援者として、この“研究運営上の実験”を見届けて頂きたいと存じます。そしてぜひ議論にも加わって、内容充実にお力をお貸し下さい。
◆全ての皆さま、こんなプロジェクトの楽しさを、ぜひ支援者として享受して下さい。

どなたでも、下記サイトから簡単な手続きでご支援頂けます。ご支援に対しては、コース別に様々なリターン(お返し)をご用意しております。コースは5千円からですが、会員となって最新情報を受けられるのは15000円以上のコースとなります。募集締切りは4月12日です。
https://readyfor.jp/projects/koukai


「元祖!信州ブランド 黒曜石」 信毎こども新聞 3月12日 [縄文へ行こう]

明日、3月12日(土)朝刊で、毎月わたしの書いている「縄文へ行こう」が掲載されます。
今度は、「元祖!信州ブランド 黒曜石」という話題です。

北海道の石鏃の話も出てきます。
見てくださいね!

ショーヴェ洞窟映像「忘れられた夢の記憶」 [遺跡]

ショーヴェ洞窟のドキュメンタリー、ついにDVD化されましたね!

ヴェルナー・ヘルツォーク監督による考古学ドキュメンタリー。94年に南仏で発見され、現存する世界最古とされるショーヴェ洞窟の300点以上の壁画。6日間だけ許可された洞窟内の撮影による貴重な映像とナレーションにより、洞窟の神秘を体験する。

世界最古の洞窟壁画 「忘れられた夢の記憶」 [DVD]
ヴェルナー・ヘルツォーク監督(日本語吹替オダギリ・ジョー) (出演),

今ならアマゾンだと安いです。

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,709 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,475 (28%)


沼津市高尾山古墳の保存・活用のためご寄附・ふるさと納税を! [遺跡]

沼津市では、高尾山古墳の保存・活用のために必要な整備についての寄附・ふるさと納税を募っています。みなさん、貴重な遺跡保護のためぜひご協力ください!

 沼津市では、沼津南一色線の道路整備の予定路線上に高尾山古墳が発見され、発掘調査を行ったところ西暦230年頃に築造された東日本では最古級の前方後方墳であることが判明しました。 高尾山古墳の墳丘の長さは62mと、初期の古墳としては最大級であることから、邪馬台国(やまたいこく)と対抗していた狗奴国(くなこく)の有力者(王)の墓とする説も浮上しています。
 このため、市では高尾山古墳の保存と道路整備の両立を目指し、学識経験者などからなる協議会を平成27年9月に発足させ、全3回の議論を行い、具体的な整備方針を決定していく予定です。

 未来に向けてこの貴重な高尾山古墳を保存・活用していく整備を進めるため、皆様のご寄附・ふるさと納税のご協力をお願いいたします。

ご寄附を充当する対象は以下の2項目を考えております。
1.古墳の保全や埋葬品の展示等に必要な整備費用
2.古墳を破壊しないため、追加的に必要となる道路整備費用

寄附・ふるさと納税は、こちらをご覧ください。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/topics/h27/kyougikai/kifu.htm