So-net無料ブログ作成
検索選択

オヤジの夏休みの自由研究 [思考漂流]

IMG_3000.JPG

長野の佐久地域のうちの学校では、8月23日から学校が始まったが、
そういえば息子が小学生の頃、毎年「オヤジの自由研究」という宿題があった。

こどもの代役をオヤジがつとめ、自由研究を完成に導くのである。

この写真は小5の化石採取、福井県立恐竜博物館でのこと。
むろん、この後、模造紙に書く研究のほとんどは、オヤジの努力によるものである。

これじゃ~科学的好奇心は芽生えんわなぁ~。

そういえば最近は顕微鏡を覗いていない・・・ [思考漂流]

img210.jpg

事務ばかりに追われて、そういえば最近まともに顕微鏡を覗いて、石器の使用痕を見た試しがない。
あかんなぁ~

写真は1992年頃の私

考古学的本年 [思考漂流]

1年が終わろうとしている。

私にとって、考古学的本年は・・・・・
やはり『矢出川』の研究書の出版が最大のイベントだった。
なんとか日本考古学協会までに無事刊行できて、ホッとしている。

それにしても本が売れない時代である。
矢出川は、あと150冊は売れてもらわないと、出版費が捻出できない、苦しい状況だ。
まだ、お求めいただいていない皆様、『矢出川』をよろしくお願いいたします。

並行して、『南相木村誌』の「旧石器」「古墳」「奈良・平安」時代の執筆は、非常に苦労した。
およそ100頁分、こちらもなんとか本年の春に刊行になった。

そんな前半のリバウンドで、年の後半は研究らしい研究ができなかった。

みなさま、ほんとうにお世話になりました。
どうぞよい新年をお迎えください。

追悼 岡本おさみ氏 [思考漂流]

作詞家の岡本おさみ氏が11月30日、心不全のため73歳で亡くなった。

岡本おさみといえば、やはり吉田拓郎曲。
「おきざりにした悲しみは」や「落陽」、「祭りのあと」などをよく歌った。もちろん「旅の宿」も。
ジュンクワさんのオハコ、時任三郎「川の流れを抱いて眠りたい」も岡本の詩だ。
高校から大学時代の青春の思い出としてある。

家族のコメントに、本人が死んでも詩は永遠に生き続けるとあったが、確かに私たちの心の中に、いつまでも残り続けるだろう。


当地のヤキトリ [思考漂流]

私の住んでいる佐久市岩村田周辺では
「ヤキトリ」といえば鶏肉のみでなく豚なども含んで、すべて串ザシの肉焼きを総称する。

そういうものだと思っていたが、ほとんどの場合、ヤキトリといえば鶏肉を焼いたものに限定することを知った。(だいぶ前の話ですが)
東京新橋では、「ヤキトン屋」なるものがたくさんあった。

ヤキトリを食べていて、ふと思ったどうでもいい話だ。

センチメンタルな夏の終わり [思考漂流]

長野では盆が終わる頃から、夜涼しい風が吹き出す。
夜は、もう一枚掛けないと眠れなくなる。

8月18日からは、小中学校もスタートする。
東京のように9月いっぱいが夏休みではない。
帰省した家族も都会に戻っていく。

センチメンタルな夏の終わりである。



いろいろ重なってブログが・・・・ [思考漂流]

今月は全然書けていません。

深謝

本日は胃カメラ [思考漂流]

本日は、とても苦手な胃カメラ

それでも、口からではなく、鼻からの楽なタイプ。

ぜんぜん気にしない、という人もいるのですが、私はとても苦手なのです。

おえっ。

東日本大震災 [思考漂流]

3.11の東日本大震災の時、私は渋谷駅前にいた。
國學院大學に向かう途中、ビルがしなるように揺れた。

首都直下型の地震と思い、恐ろしさが身にしみた。
まさか、東北であのような事態が起きていようとは思わなかった。

その日は、帰宅できず、國學院大學の教室で一夜を過ごし、翌日上野駅にいったのだが、
公園口では、上野動物園の入口まで駅に入ろうとする列ができていた。

いまなお東日本大震災の被災に苦しまれている方におかけする言葉がみつからない。

旧石器時代の食生活をまねた「パレオダイエット」って? [思考漂流]

ニューヨークでは、旧石器時代のような農耕前の食事法による「パレオダイエット」が話題になっているとか?

パンや米のような穀物を取らず、当時のように肉、魚、ナッツを中心とした食事だそうだが・・・・。
私には到底無理そうだ。