So-net無料ブログ作成
矢出川通信 ブログトップ

矢出川遺跡の研究 印刷完了 [矢出川通信]

矢出川遺跡の研究(438頁)の印刷が完了し、製本に入っている。

現在は、付属CDを連休中にあげ、本に添付する予定だ。
今回、CDにはいくつかの特典をつけた。

すべて固まりましたら、本の正式なご紹介をさせていただきます。


矢出川と神子柴 [矢出川通信]

矢出川と神子柴。

どっちが大変だったかというとそりゃぁもう、矢出川。
神子柴は楽しかったが、矢出川は苦しみぬいている。

神子柴は、石器88点を掲載、矢出川は2000点以上。
しかも、神子柴の時は老眼ではなかったが、いまはつらい。

奥付の発行日は2015年3月25日
あれれ・・・もう過ぎた??


お気に入りのマイクロコア [矢出川通信]

mc.JPG

高校2年生の時、矢出川で拾ったマイクロコアである。
私の採集資料のなかでは、もっともお気に入りの石器だ。

『矢出川遺跡の研究』の表紙にしようと撮影したが、なかなか剥離が出せずに難しい。
かなり多方向からのライティングを試みたが・・・

黒曜石はとくに撮影に苦慮する。

序文・例言・目次 [矢出川通信]

矢出川遺跡の研究、最終段階に入っている。

現在、本文は終了し、序文・例言・目次の部分を書いている。
カラーグラビアページもデザイン中である。

こうしたこまごまとしたところに結構時間が割かれている。

日本列島の細石刃遺跡データベース 【English version】 [矢出川通信]

日本列島の細石刃遺跡データベース【English version】を整備している。

『矢出川遺跡の研究』の付属CDに添付し、本の付加価値を高めたい予定である。

細石刃遺跡データベース【日本語版】は、すでに『シンポジウム日本の細石刃文化』で公開しているが、やはり【English version】として公表したい。

『シンポジウム日本の細石刃文化』のデータベース化後、日本旧石器学会において「日本列島の旧石器時代遺跡データベース」が整備されたが、当方に載っていて、学会データのない遺跡も散見される。
また、日本旧石器学会のものは石器の出土点数の記載がなく、当方のデータには点数記載があって、その存在価値は、まだまだあると考えている。

いずれ元データおよび、修正データや追加データは、図書刊行後に八ケ岳旧石器研究グループのwebサイト”八ケ岳旧石器通信”http://www.avis.ne.jp/~tsutsumi/index2.htmにアップし、どこからでもダウンロードできるように考えている。

本年は、矢出川遺跡の研究に明け暮れた年でした。
ご協力いただいた多くの皆様に感謝し、あともう少し・・・新年の上梓を目指します。



野辺山シンポジム1979 [矢出川通信]

yadegawa020jpg.jpg

野辺山シンポジウム1979年の風景である。

中央の縦列は、向こうから安田喜憲(紺のシャツ)、西田正規、鶴丸俊明、織笠昭の各氏。
そのほか由井茂也、林茂樹、小田静夫、杉原重夫氏などの顔ぶれ。
たぶん忠司さんもどこかにいるはず。

『矢出川遺跡の研究』では、野辺山シンポジウム1979~81までの調査成果も扱った。

現在、凡例と序文の執筆段階に入りあと少し。
なんとか、年内には、ほぼ本文編の原稿が終わりそうです。(カナ??)


『矢出川遺跡の研究』 その2 [矢出川通信]

『矢出川遺跡の研究』 一応こんな内容構成です。
書けてないのは2章1項の70頁で、うち20頁はようやく書けました。

1章 1項 野辺山高原と旧石器時代遺跡
2項 野辺山高原における旧石器時代の調査と研究
3項 野辺山高原の旧石器時代遺跡群

2章 1項 矢出川第Ⅰ遺跡の発掘調査成果の検討
2項 矢出川第Ⅰ遺跡の細石刃石器群コレクション

3章 1項 東矢出川遺跡

4章 1項 野辺山高原の細石刃石器群

5章 矢出川遺跡の研究  (寄稿)

野辺山高原における細石刃石器群の産地推定
野辺山高原の細石刃石器群における細石刃剥離方法の同定
矢出川再訪:稜柱形細石刃石核と細石刃の形態分析
野辺山高原を遊動した細石刃狩猟民
古本州島における細石器化の意義
日本列島における細石刃石器群の研究
Microblade-Equipped Hunters:    Their Litho-Technical Management and Supply-Demand Situations of Obsidian Resources

6章 1項 総括
    2項 英文要旨

付属  データCD 石器属性表 細石刃データベース

『矢出川遺跡の研究』 全入稿まであと20日 [矢出川通信]

現在、『矢出川遺跡の研究』という本を作っています。

A4 470頁 上製 で 『神子柴』とほぼ同じボリュームの本です。

現在、そのうち400頁が入稿され、半分は初校まで、半分は3校まで校了・・・・・・
残す入稿はあと70頁。
一応、1日3.5頁ペースの執筆で、あと20日、年内には完全入校を目指します。

そのため、飲み会以外は酒を断って、夜な夜な机に向かう日々なのです。
本日も風呂上がりのビールの誘惑と戦って、勝利しそうです。

この『矢出川通信』では、刊行までの状況をお知らせします。


 
矢出川通信 ブログトップ