So-net無料ブログ作成
検索選択

マンモス牙製のヴィーナス像発見! [遺跡]

inside%201[1].jpg

ロシア西部ブリャンスクのKhotylevo 2遺跡で、マンモス牙でできたヴィーナスが発見された。5センチほどの小ぶり。後期旧石器時代の23000年前で、埋納ではなく、マンモスの骨の横で発見されたようだ。
ギャンブルらの主張する「保険証券」としてのヴィーナス像の保持だろうか?

こういう遺物日本でも出ないかなぁ?

4月24日の授業「旧石器時代の遺跡と分布」 [講義]

4月24日の授業は「旧石器時代の遺跡と分布」です。

列島内に1万か所以上あるとされる旧石器遺跡、その分布の意味や、立地の傾向、遺跡の性格などについて考えます。

4月17日の旧石器研究授業 [講義]

4月17日の旧石器研究授業は、「旧石器の分類学」です。
モノの観察は考古学の基本です。
石器(実物)を持参しますので、どのように見るのか、どのように分類するのかについて考えていただくようにします。

「読み聞かせ」ということ [思考漂流]

こどもが小学生の頃、学校での朝の絵本の「読み聞かせ」当番というのがあって、ときどき出かけていった。はずかしいけど、オヤジは私一人だった。(あとは若いママ)朝から「おじいちゃんのごくらくごくらく」(長谷川義史)などシブイ内容を読んだ。
そういえば、私のいる御代田に武満徹さんを通じて、谷川俊太郎さんとのご縁があり、なんどかお話しいただいたが、「朝のリレー」などの詩の朗読には、とても胸を打たれた。スイミーなども朗読していただいた。
谷川さんいわく「”読み聞かせ”、というのはいかにも大人が子供に読んでやる、という上から目線なので、ボクは朗読という言葉しか使わない」ということ。なるほど、と思った。

ワークショップ : 「中四国旧石器遺跡マッピングパーティー」 [研究会]

日本旧石器学会からのお知らせです。

ワークショップ : 「中四国旧石器遺跡マッピングパーティー

目的と内容:

① 考古遺跡の分布情報データベースをもとに、データの入力・地図化と文献情報に関するデータベース連携について、実作業を通じて検討する。また、地域の遺跡・考古学情報から何が見えるのか、入力結果の検討を通じてデータベースの活用、今後の展開について考える。

② 島根地域資料リポジトリ、遺跡発掘調査報告書リポジトリ・全国遺跡報告総覧の紹介、書誌情報の検索・紐づけ等の解説など。
• 日時:2017年4月22日(土)10:00~16:00
• 場所:島根大学附属図書館1階 ラーニングコモンズ1(島根県松江市西川津町1060)
• 主催:日本旧石器学会データベース委員会、島根大学法文学部山陰研究センター
• 共催:島根大学附属図書館、島根大学地域未来戦略センター、中・四国旧石器文化談話会、大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所
• 事前準備:WiFi接続可能なコンピュータをお持ちください。
• 参加申込先:及川まで m_oyokawa4120@soc.shimane-u.ac.jp

もうH28年度も終わり [思考漂流]

もうH28年度も終わり・・・・・
は、はやすぎる!

1974 はじめて行った岩宿遺跡 [遺跡]

img527.jpg

中学2年(1974)のとき、はじめて訪ねた「岩宿遺跡」。
それまでどこもつれていってくれたことのない父親が、夏休みに、めずらしくどこにいきたい!
というので迷いもなく「岩宿遺跡」と答えた。

そのころからずっと旧石器に興味を持ち続けてきた。
オタクというほかない。

ずっとその道を続けてこられたのだから、幸せというほかない。
どれくらい学問がすすんだかは、疑問である。



洞窟壁画講演会 (五十嵐ジャンヌさん 東北歴史博物館) [講演会]

ラスコー展に合わせた、五十嵐ジャンヌさんの洞窟壁画講演会あります。

日時:3月25日(土曜日)13時30分から
場所:東北歴史博物館宮城県多賀城市)

是非お越しください。

1995年 中ッ原1G地点の発掘調査 [遺跡]

FH000007.JPG

1995年3月、中ッ原1G地点の削片系細石刃石器群の発掘調査。

もう22年前、私も30代前半、研究意欲に燃えていた。
写真に写る、永塚俊司くん、吉田政行くんは院生、中沢祐一君、加藤学君は学部生だった。
時ならぬ大雪に見舞われた。

科研費もとらず、皆でよく掘り、報告書まで出したと思う。
今思えば、無謀だったが・・

ああ、月日が流れるのはあまりにも早すぎる。

自分はいったい何をしてきたのか・・・

2月は逃げる [思考漂流]

2月は逃げる、というが本当にもう終わり、ああ。